/*adsenseタグ*/

Bingウェブマスターツールに登録する設定方法

Bingウェブマスターツールに登録して Microsoft Edge で検索する人に見てもらう ワードプレス初心者SEO設定

検索はグーグルクロームからの検索がほとんどの場合が多いですが、Windows 10にインストールされているインターネットブラウザはMicrosoft Edgeというブラウザですが、この検索エンジンはBingというものになります。スマートフォンの場合の検索はアプリに始めから入っているグーグルでもパソコンの検索の場合は、始めから設定されている Microsoft Edge で検索しているひともいると思います。なので、 Microsoft Edge で検索している人にもサイトにアクセスしてもらうために検索結果に表示されなければ効果は少なくなります。

Bingウェブマスターツールに登録する設定方法

Bingウェブマスターツールにアクセス

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法サインイン画面

サインイン画面が出てくるので、Microsoft,Google,Facebookから選択

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法アカウント選択画面

ここではgoogleを選択します。アカウントを選択すると

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法Googleアカウント選択

Bing webマスター画面が表示されます。サイトダッシュボードにはまだ何も表示されていません。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法自分のサイト

自分のサイトの追加欄にURLを入力して「追加」を選択 またはGoogle Searci Consoleに登録している場合はインポートでも設定可能となります。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法自分のサイトURLを追加

私のWEBサイトについて の画面が出てきますので、各項目を入力して保存

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法WEBサイトの詳細を入力する画面
Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法保存を選択

WEBサイトの所有権の確認が表示されます。 

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法所有権の確認画面XMLファイル

Bingウェブマスターツールにサイトの所有権の確認設定

  • XMLファイルをWebサーバーに置く
  • <meta>タグを既定のWebページ内にコピーして貼り付ける という方法が出てきます。

ここではmetaタグを貼り付ける方法で設定します。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法metaタグをコピーして貼り付ける方法

メニューの「子テーマの編集」を選択しHeadタグを選択します。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法メニューの子テーマ選択

このページの一番下に先程のmetaコードをコピー貼り付けして保存 

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法headタブを選択
Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法metaタグをheadに貼り付ける設定

貼り付け保存ができたら、再度画面戻って「確認」を選択 

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法タグを貼り付けたら確認ボタンを押す

すると自分のサイトのダッシュボードが表示されます。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法設定ができるとダッシュボード画面に移行

左側のメニューから「所有権の確認」を選択すると「サイトの所有権が正常に確認されました」と表示されますので、これで設定は完了となります。

Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法メニューから所有権の確認
Bingウェブマスターツールにサイトを登録するワードプレスSEO設定方法サイトの所有権が確認されました。

インターネット検索といえば、グーグルの場合がほとんどだと思いますが、パソコンのウィンドウズ10でインターネット検索する場合はすぐにアクセスできる Microsoft Edge を使っている人もいると思います。Windows7はもうすぐサポートが終了となりますので、今まで普通に使っていたIEですが、ウィンドウズ10から Microsoft Edge を使い始める人も増えてくると思われます。検索エンジンとしてグーグルに慣れている人は使いずらい場合はクロームをインストールして設定すると思いますが、面倒な人は Microsoft Edge で使い始めることになると思われます。少しでも自分のホームページのアクセスが増える可能性を準備しておくことは重要になってくると思います。SEO対策の一つになります。