/*adsenseタグ*/

データベースを設定する レンタルサーバー 初心者

2019年11月27日

レンタルサーバーにデータベースを設定する ホームページ初心者 さくらインターネット

ホームページ作成手順

①レンタルサーバーを申し込む

②独自ドメインを取得する

③独自ドメインをレンタルサーバーに登録する

④ワードプレスをインストールする

やっとワードプレスをインストールする所まできましたが、インストールする前にやることがあります。

レンタルサーバーにデータベースの設定方法

さくらインターネットでワードプレスをインストールする前にデータベースを設定する必要があります。

コントロールパネルからアプリケーションの設定→「データベースの設定」を選択

レンタルサーバーにデータベースを設定する方法 さくらレンタルサーバー 初心者アプリケーションの設定

項目には他にも、アクセスログの設定、Pealのバージョン選択、PHPのバージョン選択、PHP設定の変種う、CRONの設定等ありますが、よくわかりません。ここではとりあえずデータベースを作成するだけで構いません。

データベースの設定画面が開きますので「データベースの新規作成」を選択

レンタルサーバーにデータベースを設定する方法 さくらレンタルサーバー 初心者データベースの新規作成

データベース名を入力する枠が表示されますので、任意のデータベース名を入力、接続用パスワードも入力して、同意欄にチェックを入れて、「データベースを作成する」を選択

レンタルサーバーにデータベースを設定する方法 さくらレンタルサーバー 初心者データベース名、パスワード設定

色々パスワードを入力する画面が出てきますので、忘れないようにノートにメモしておきます。後ほどワードプレスをインストールする際にデータベースパスワードの入力が必要になります。

データベース一覧画面が表示され、データベースの作成が出来ました。

レンタルサーバーにデータベースを設定する方法 さくらレンタルサーバー 初心者データベース設定完了

これで、やっとワードプレスをインストールすることができます。

データベースを作成して作成したデータベースに、ワードプレスをインストールします。初心者にとっては、管理画面は難しくてよくわかりません。サーバー、MYSQL,PHP、バージョン、管理ツール、、などなど不明な用語が沢山でてきて、混乱してしまいますが、必要な事のみ進めて、今は必要ない項目については後回しで構いません。いずれは必要になるかもしれませんが、、、

ホームページの作成業者が沢山あって、ホームページ作成代行が仕事として成り立つのは、このような面倒な手続きや設定がややこしくて、素人が下手にさわると、画面表示が出来なくなることもあります。専門業者に頼んだほうがお金はかかりますが、ややこしいことはすべてやってくれますので、それも一つの方法です。ですが、個人ブログで業者に頼むわけにもいかないので、自分でやるしかありません。わからないことが沢山でてきますが、調べながら少しずつやっていきましょう。