/*adsenseタグ*/

プライバシーポリシーのページを設置する

プライバシーポリシーを設定する ワードプレス初期設定方法

ブログ、ホームページを作成する際に必要となるのが、プライバシーポリシーです。これはブログやホームページで収集した個人情報等をどのように取り扱いをするか。ということを記載したものになります。ワードプレスで記事を投稿すると、コメント入力欄が作成されます。ここに誰かがコメントを入力すると、自分で集めたわけではありませんが、ブログの管理者、作成者が個人情報を取得したということになり、この個人情報をどのように扱うのかということを案内しておく必要があります。コメント投稿欄は非表示にすることもできますが、非表示に設定するまでは、投稿出来てしまうという状況です。なので、このブログ、ホームページではきちんと法令に則って、取り扱いしますという記載が必要となります。

メニューの設定から、プライバシーを選択

プライバシー設定画面が表示されます。編集を選択すると、ワードプレスで登録されている雛形のプライバシーポリシーが表示されます。

これをこのまま使うことも出来ますが、一部修正したほうがよい箇所もありますので、適宜修正、削除します。

URLをprivacy-policyに変更して保存します。

これでプライバシーポリシーのページが作成できました。ただ作成しただけではブログ、ホームページに表示されませんので、プライバシーポリシーを見るためのリンクを設定する必要があります。

メニューの外観から、メニューを選択

メニュー名の欄に「フッターメニュー」と入力し、メニューを作成

メニュー項目を追加と表示されますので、□プライバシーポリシーにチェックを入れて、メニューに追加を選択すると、プライバシーポリシーが右側に移動しますので保存。

位置の管理を選択します。このテーマでは、メインメニューと、ソーシャルリンクメニューしか対応していませんので、とりあえず、メインメニューでフッターメニューを選択して保存。

すると、メインメニューの欄に「プライバシーポリシー」が表示されました。

通常のテーマであれば、フッターメニューがあるので、こちらに表示したほうがよいと思われます。テーマを変更したら、フッターメニューに移動しようと思います。今使用しているテーマ「Twenty Sixteen」ではフッターメニューがありませんでした。

基本的にはどこに配置してもよいですし、フッターメニューに表示されているのが一般的です。ブログを始めたばかりの時は、それほど重要ではありませんが、google アナリティクスでブログやホームページの分析する際や広告バナーを貼り付けしたり、アマゾンの商品広告等を掲載するようになってくると、必ず必要なプライバシーポリシーとなりますので、早めに作成しておいたほうがいいかと思います。このページがあるかないかで、検索結果に影響あるかもしれません。詳しくは分かりませんが。

参考サイト:http://liberty-life-blog.com/wordpress/privacy-policy/