/*adsenseタグ*/

THEO テオに10万円投資運用したら利益が出るのか 2年後 ロボアドバイザーAI投資

2019年11月27日

ロボアドバイザー THEO テオに10万円投資したその後どうなった 2年後

ロボアドバイザーに始めて投資したのが、2017年8月 当時はSBI証券と提携していたので、SBI証券からTHEOにログインできました。ロボアドバイザーという用語はまだ定着していませんでしたが、とりあえず最低投資額10万円入金して様子を見ることにしました。今は最低投資額1万円からになっています。

THEOに投資した10万円はどうなった

テオに10万円入金して2年後どうなったのか?気になりますね 結論から言いますと、増えも減りもしていません。 ※2019年9月時点

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績2年後の利益損益

10万円を割った時もありました。11万円近くになった時もありました。ですが、預けておけば、ほったらかしでも分配金が再投資されて、勝手に増えていくというのは妄想かもしれません。今の低金利時代で考えると損していないからいいかという感じです。

円ベースでの損益率推移

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績円ベースの資産運用収益率推移

ドルベースでの損益率推移

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績ドルベースでの損益率推移2年

一時期10万円に3万円追加して13万円の時もありましたが、10万円に戻して、1年以上ほったからした結果です。最大時は108936円6.87% 最低時は94144円-4.5%まで下がりました。 

毎月積立投資をしていないので、手数料が年間1%かかります。10万円だと約1000円

2年間預けてあるので、1年で1%とすると1000円なので、約2000円程支払っていることになりますが、利益はプラスとマイナスをいったりきたりしています。

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績2年間の資金運用推移

やはり毎月積立を設定して、手数料率を減額させないと、大した利益にならないと思われます。

手数料割引について

THEOテオは毎月積立をすると、手数料が割引になります。 手数料割引の条件としては、①毎月積立をする(1万円以上)、②出金をしない というのが条件で、運用している金額と積立している金額に応じて、カラーが判定され、カラーに応じて毎月の運用手数料が割引されます。

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績手数料割引カラーパレット

自分の現在の手数料を確認するには、「その他」を選択すると現在の手数料率が表示されます。ホワイト:1.00% になっています。

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績現在の手数料率ホワイト1%

実際の手数料金額は、お知らせの中にある「運用報酬のお知らせ」から確認することができます。

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績運用報酬引落手数料案内お知らせ
THEO(テオ)カラーパレット

THEOの投資資金の資産運用方針について

運用方針としては、申込みした際に選択したリスクが高くてもリターン「値上がり益重視」 というのを選んだと記憶しています。その設定から一切変更していません。ですので、運用方針が変われば、結果も変わっていたとは思いますのですべての人が同じ結果になるわけではありません。

THEOの特徴としては、リバランス、構成銘柄の見直し、自動売買は無料で調整してくれます。

リバランス1ヶ月に1回、
値動きにより変化した資産運用方針を設定した配分比率に戻すように自動で調整してくれます。
構成銘柄の見直し機能ポートフォリオの構成ETFと比率の見直しを実施
グロースポートフォリオ・インカムポートフォリオは3ヶ月に1回
インフレヘッジポートフォリオは1ヶ月に1回調整
自動売買為替交換やETFの購入、売却 
ETFの分配金の再投資を自動で実施
ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績あなたの資産運用方針値上がり益重視

この運用方針の場合であれば、このような資産に資金を分配するようです。

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績ポートフォリオ構成資産内訳

自分でこれらの外国株や、債券を運用できるかというとそういうわけにはいかないので、自動的に分配構成してくれるという点については便利だと思います。ただ、このような比率にしておくことがいいのかどうかはよくわかりません。先進国株だけでもいいような気がしますが、リスクが高くなるので、リスク分散のために、債権や不動産が組み込まれているのだと思います。

「THEOにおまかせ」 という運用も設定としてはありますので、こちらを設定しておいたほうが良かったのかもしれません。

ポートフォリオ 収益率

ポートフォリオの画面では、「収益率」は11.95% となっていますが、この収益率はどの金額に対する収益率なのかよくわかりません。ETFの分配金がいくらで、手数料についてもいつ、どれくらい引かれているのかはパット見では分かりませんが、

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績ポートフォリオ収益率

ポートフォリオ 保有銘柄

現在保有している銘柄と金額を確認することができます。

【グロース】株式中心に運用
SPYV米国の割安株
VPLアジア太平洋地域の先進国の大型・中型株
FEZユーロ圏の大型株
VWO新興国全体の株式
【インカム】債権中心に運用
SPAB米ドル建ての投資適格債
SJNK米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債
【インフレヘッジ】実物資産中心に運用
VTIP米国の1-5年の物価連動国債
XLRE米国のリート・不動産株
IAU金 現物
DBCコモディティの先物
ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績保有銘柄一覧

よくわからない投資商品の略称が出てきます。何のこっちゃという感じです。個人ではこのような物に投資しようとは思わない商品ばかりです。何も知らないので、何がどういいのかわかりません。実際個人でこれだけの商品を調べて買うのはとても手間だと思います。

配当金、投資運用実績確認

「お知らせ」のページというのがあり、その中に 運用している資産の配当金や運用報酬(手数料)についての案内があります。(30日で90円の手数料が引かれていました)

ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績お知らせ一覧
ロボアドバイザーTHEOテオで投資した利益資産運用損益結果実績 分配金

きちんと資産を増加させていくには、きちんと勉強する必要もあるし、手数料を減らす努力をする必要もありますし、運用方針を適宜見直しする必要もあります。ほったらかしで勝手にお金が増えていくというのは虫が良すぎるということでしょうね。株を購入するにも、タイミング金額、保有期間、世界情勢、金利、為替、いろいろなことを考えて投資する必要があります。手数料を払って煩わしさから開放されるという点では便利だと思います。

配当金が20円~30円しかないのに、利益が出てもでなくても手数料は90円程毎月取られます。いつまでたっても利益は増えません。市場が上昇して含み益がでた時だけ利益が増えます。市場が下落したり、円高になるとたちまち損益は0になって、下手をすればマイナスになります。

資産運用会社を運営するほうが賢いかもしれませんね。手数料がマイナスになることはありません。資金は数億円必要になるとは思いますし、各許認可等を考えると相当な手間ではあると思いますけど。

THEOに投資するには毎月1万円を積立出来る人であれば手数料が割引になるので、おすすめになりますが、一定金額を預けて積立しない人にとっては、あまりお得ではありません。数ヶ月の短期で考えるのではなく、数年数十年単位で長期的な資産作りに向いていると思われます。

投資は自己責任でお願いします。

THEOテオ 特徴、メリット・デメリットまとめ

THEOテオ、ウェルスナビロボアドバイザー比較

THEO(テオ)カラーパレット