/*adsenseタグ*/

ロボ・アドバイザー ウェルスナビ(WealthNavi)AI投資のメリット・デメリットまとめ

2019年11月23日

目次

ウェルスナビとは 特徴まとめ

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など長期積立分散投資

「長期・積立・分散」できる全自動の資産運用 最近人気の自動資産運用 資産運用はいろいろややこしいことがありますが、ウェルスナビなら、毎月積み立て金額と投資方針を設定するだけで、自動的に世界の商品に投資することができます。AI投資やロボアドバイザーと呼ばれています。    

  • 長期運用(10年以上)
  • 積立
  • 世界中の商品に分散投資
  • パソコンだけでなく、スマートフォンでも可能
  • いつでも自分の資産状況を確認できる

※ウェルスナビのパフォーマンス 推奨ポートフォリオで運用した場合のシュミレーション 

1年当たりのリターン 年率6.0% 

過去25年のリターン +146% 

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などウェルスナビパフォーマンス
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビの運用実績

WealthNaviのサービス開始2016年1月19日から毎月運用していたらどうなっているのか

初期投資:100万円 毎月積立:3万円の場合

2019年9月までの期間だと、累計投資額は232万円です。各リスク許容度によって資産の評価額とリターンが公表されています。約3年8ヶ月 44ヶ月の期間になります。 

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など運用実績推移
【リスク許容度】【累積投資額】【資産評価額】【利益額】【リターン%】【リターン 
年率】
1232万円 254万円 22万円+9.3%2.5%
232万円 263万円 31万円 +13.4% 3.7%
232万円 268万円 36万円 +15.6% 4.3%
232万円 273万円 41万円 +17.8% 4.9%
232万円 275万円 43万円 +18.7% 5.1%

短期的6ヶ月や1年だけの期間を切り出してみるとマイナスになっている期間もあります。ですが2年、3年と長期的に運用することで、一時的なマイナスもトータルで見ればプラスになる可能性が高くなります。

サラリーマン、主婦の節約投資ストーリー

毎日頑張って節約して貯めた100万円投資したいけどどうしよう

ウェルスナビで投資してみよう

ついでに一ヶ月3万円積立しよう (年間36万円)

3年半後

合計232万円投資していました

なんということでしょう

資産が275万円になっています。43万円も利益が出ています。

年間36万円積立投資する額より多いじゃないですか なんということでしょう!

ちょっと贅沢に旅行か買い物できちゃいます。なんてことになるとかならないとか

可能性はありますね。

ウェルスナビ メリット① 全自動で分散世界投資が可能

金融庁レポートで、「リターンの安定した投資を行うには、投資対象のグローバルな分散、投資時期の分散、長期的な保有の3つを組み合わせて活用することが有効である」としています。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などポートフォリオ配分例

資産運用は株などを買ってもすぐに上がるときがあれば、一旦下がってしばらくしてから上がることもあります。1日や1週間、1ヶ月の値動きに振り回されることなく、長期的な視点が必要となります。毎日株価が上がった、下がったと株価を確認することがなく、世界中で取引されているETF(上場投資信託)を通じて世界50カ国の1万1000を超える銘柄の商品を分散投資をすることが可能となります。個人で日本株、外国株、為替、金、不動産等を一つずつ商品を調べて、投資するのは途方もない時間がかかります。これらの面倒な作業を自動で分配してくれるのたウェルスナビの特徴であり、メリットとなります。

ウェルスナビメリット② リスク、リターンの運用方針を設定変更可能

リスク許容度の質問に答えるだけで、最適なポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)を設定することが可能

  • 現在何歳ですか
  • 年収はおおよそいくらですか
  • 金融資産はおおよそいくらですか
  • 毎月の積立額は
  • 資産運用の目的は
  • 株価が一ヶ月で20%下落したらどうしますか

上記の簡単な質問に回答すると、回答した内容に応じて自分におすすめのリスク許容度が評価されます。ポートフォリオを見てみると、自分におすすめの資産配分が表示され確認することができます。もちろんもう一度アンケートをやり直して自分が納得できる資産配分を設定することもできます。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリスク許容度設定

ポートフォリオの設定は1990年にノーベル経済学賞を受賞したハリーマーコビッツ氏が唱えた「現代ポートフォリオ理論」を用いて、無数の組み合わせの中から、最適なポートフォリオが選択されます。資産をどのような割合で組み合わせるかによって、リスクや期待されるリターンは異なります。それらの中から

①自分が取れるリスクはどのレベルか

②そのリスク内に含まれるポートフォリオ(組み合わせ)の中で、リターンが最適な物を選ぶことが

最適ポートフォリオと呼ばれるものとなります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリスク許容度におうじた資産配分

リスクのとり方(自分に合うリスク度合い)はどう設定するかについては、若い人ほど給料などの収入から資産を増やすことができる期間が長いことや、保有している資産が多い人程、資産運用時の生活面や心理面に与える影響は小さくなるので、リスクは高めにとることができます。逆の場合はリスクを低く抑えたポートフォリオを選択したほうがよいとされています。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など5つのポートフォリオ
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビメリット③ 自動積立

自動積立は月1万円から設定が可能で、月1回、月5回、複数回定額、カスタムの4種類から積立方法を設定できるのがメリットで、積立金額を設定しておけばあとは自動的に運用してくれるので、上がった、下がった、等感情に左右されることがありません。

ウェルスナビを始めるのに必要なお金

最低投資金額:10万円

積立方法:

【積立方法】【積立方法】
月1回定額毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から1回
月5回定額毎月6日、12日、20日、26日、末日のすべての日に
設定した一定の金額を積立
複数回定額毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から
複数回、自分で設定した金額を積立
カスタム毎月6日、12日、20日、26日、末日の中から
それぞれの日毎に設定した金額を積立
ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など自動積立設定

運用資金はリアルタイムで入金が可能 積立とは別に追加で投資したい時に対応した銀行から(三菱UFJ,三井住友、みずほ銀行等)クイック入金でウェルスナビの口座に入金し、資金を追加して運用をすることができます。

自動積立を設定している人は全体の6割以上で平均積立額は約3万5000円を設定しているそうです。自動で積立することで、給与天引きのような感覚で投資でき、長期的に資産を増やしていくことが可能となります。

資産運用の難しい所は利益が出たから売る、下がって損をする前に売る、いつどのタイミングで売買するのがいいのか答えがない所です。経済や国際ニュースが毎日溢れてきて、そのニュースに応じて価格が変動します。そのような時にああしておけばよかった、もうちょっと待てばよかった等いろいろ感情が入り込んできて、考えれば考えるほど、周りが見えなくなって不要な売買の決断をしてしまいます。そういった感情が入る余地をなくすことで、気楽に運用することができます。

ウェルスナビメリット④ 分配金の再投資、リバランス、税金最適化

毎月積み立てた資産から利益を受け取ることができますが、この利益の分配金を再度自動的に再投資にまわしてくれます。分配金を引き出さずに再投資し続けることで、「複利効果」による資産の成長が期待できます。リターン(分配金)がリターンを生む循環にすることが、資産を拡大させる賢い方法と言えます。

例のように卵をすぐ食べるのではなく、卵を鶏にして育てることで、1個しか生まれなかった卵は、2羽の鶏から2個の卵を得られるようになります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など卵をかえして鶏に育てる複利運用

さらに分配金を再投資する際は、自分の設定したリスクに応じたポートフォリオに近づくように再購入する商品を自動で選んで再投資してくれます。自分で再投資するには手間がかかりますが、ウェルスナビなら自動で再投資してくれ、バランスも調整しながら資産形成をしてくれます。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリバランス設定

リバランスではなにかの株に偏ることがないようにバランスを調整してくれます。リスクをできるだけ小さくするためにも分散投資は必要となります。本来リバランスする際、一部を売却し、売却した資金で追加購入する際は手数料がかかりますが、ウェルスナビではリバランス時の費用は無料となっています。

分配金の受取や売却による利益が発生した際は税負担が発生しますが、 さらなるメリット税金自動最適化(DeTAX) 機能により、 税負担が1万円を超える場合を目安に税負担の一部または全部を翌年以降に繰り延べすることで、運用可能な金額が増え投資効率の向上を図ることができます。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビのデメリット① 手数料

全自動で世界投資ができるウェルスナビですが、無料というわけにはいきません。手数料がかかります。

手数料:預かり資産の1%(年率 3000万円まで 現金部分除く)

3000万円を超える部分は手数料0.5% 年率 となります。

ですが、自動積立やリバランス、急な出費時の出金手数料は無料となっています。

100万円の資金を運用した場合は1万円の手数料がかかります。実際には毎月手数料は徴収されますので月額833円の手数料がかかります。1%はなかなか高い手数料です。銀行預金等の利息は0.0○%の利息しかつかないことを考えると結構高い手数料となります。その分、配当金や資産の値上がり等で資産が増えるとは思われますが、必ずしも保有資産が値上がりするとは限りませんので、手数料と分配金が同じ月も出てきます。

長く保有することで手数料の割引制度「長期割」

通常は年率1%の手数料ですが、50万円以上の資産運用を6ヶ月以上続けると0.01%手数料が割引されます。さらに資産が200万円以上の場合は6ヶ月毎に0.02%割引され、最大0.9%まで下がります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など長期割引手数料

100万円の手数料1%10,000円が0.9%だと9,000円に割引ということになります。

毎月の自動積立だと手数料が数百円引かれたとしても積立額の方が多いので、グラフは右肩上がりになってあまり気にしなくなってしまう可能性があります。金額がふえれば手数料はじわじわ効いてきます。

ですが、長期割は1度でも出金すると割引が元の1%に戻ってしまいます。なので2、3年かけて投資してきて割引がふえても、1回出金してしまうと割引はなくなって再度1%から6ヶ月間の経過を待つ必要があります。

株で考えると配当率2%の株を保有していれば、2%の配当金を受け取れますが、ウェルスナビの場合は手数料として1%引かれますので、2%の配当が1%引かれて受取は1%ということになります。もちろん得た利益や分配金対しては税金は引かれますので、実際に受けとるのは1%未満ということになります。年間1%というのは以外と大きな金額となります。そういう点を考えると、自分で配当率2%の株を保有し続けるほうがお得な場合もありますので、どちらがお得なのか、短期なのか長期なのか検討する余地はあると思われます。 

ウェルスナビのデメリット② リバランスの罠 短期投資には向かない

自分のリスクを把握し、ポートフォリオを設定して、自動積立を始めました。6ヶ月後、1年後、2年後資産は増えている可能性がありますが、下がる可能性もあります。資産が10万円の時と100万円の時と500万円では適切なリスク度合いやポートフォリオは変わってくると思いますが、自分で設定を見直ししないと初期に設定したままのリスク度合いに応じたポートフォリオのまま運用がされてしまいます。

さらに今からは金が値上がりしそうだと確信した場合でも、大幅にポートフォリオは変更できません。一定のバランス保つように資産配分となります。ですので、資産運用すべてをウェルスナビに投資するのではなく、自分で決めた商品に投資する余力も持っておいたほうが、自分なりに納得した資産運用が可能となります。ウェルスナビで定期積立があるから、少しは自分が買いたい株や金などに投資してみるというスタイルです。逆にこのETFは下がってしまう可能性が高いと感じても、保有しているETFのみ売却することはできません。そのようなイレギュラー的な運用は出来ないので、そういうことも踏まえて積立額を設定していく必要があると思われます。

ウェルスナビのデメリット③ ドル建てでの運用 為替ヘッジなし

ウェルスナビの方針として、長期国際分散投資においては、基軸通貨である米ドル建てで資産を効率的に増やすことが重要であるとの考えに基づき、資産配分の最適化はドル建てで行われており、為替ヘッジはされていません。

これはどういうことかと言うと米国の株価は順調に値上がりしているけれど、ドル円が円高になってしまった場合、利益が少なくなる、もしくは利益がなくなるということになります。ドル円の相場が安定している間に米国相場が上昇していれば、資産は増えていきますが、米国になんらかの国際トラブル等で円高になってしまった場合は日本円で受取できる金額が少なくなってしまうというリスクがあります。

それらの点を加味した上でのリスク許容度の設定が重要になるということになります。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

各資産クラスのリスク 2019年4月時点

【資産クラス】リスク
米国株12.9%
日欧株14.8%
新興国株18.1%
米国債券2.9%
物価連動債4.4%
15.7%
不動産16.6%

各資産クラスの期待リターン 2019年4月時点

【資産クラス】期待リターン
米国株7.2%
日欧株8.1%
新興国株8.8%
米国債券2.6%
物価連動債2.8%
3.7%
不動産6.8%

これらのようにウェルスナビは試算しています。その上で

リスクの%とリターンの%を相関した図が下図となります。リターンの期待度が増える程、リスクの%も増えていくのが分かります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリターンとリスクの相関図

その上で適切だと考えられるポートフォリオ(資産配分)は下図のように設定されています。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリスク別のポートフォリオ設定

これらのポートフォリオは原則1年ごとに最新の市場データに基づいて最適なポートフォリオを更新しています。ただこのようなポートフォリオは過去の実績に基づいて設定されるもので、未来はこうなるという設定ではないということになります。すべての資金や資産をウェルスナビに投資するのではなく、自分で検討し、必要だと思われる金額を投資するのが重要となります。

おすすめの資産運用配分

資産投資におすすめな考え方として「コア・サテライト戦略」があります。

「コア」各の部分については長期、積立、分散の資産運用となります。

「サテライト」についてはコアの周りを囲む衛星のような存在で、個別株や外国株、FX,商品先物等での短期投資6ヶ月~数年程度が該当します。

資金配分の目安としては、コア資産:7割~10割 サテライト資産:0~3割の比率となります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などコアサテライト戦略

機関投資家やトレーダーは十分な時間で市場や銘柄を分析し、投資対象を選択し決断することができますが、サラリーマンなど投資が専業ではない人にとっては銘柄分析に割く時間は限られます。そうなれば、勝てる確率、利益が残る確率は大きく異なりますので、コア戦略を重視したほうがよい選択となる可能性があります。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビで積立投資してみた ログイン画面解説

ホーム画面 

資産評価額 円とドルの資産額が表示されます。グラフは6ヶ月間の円表示でのグラフです

マウスをグラフに合わせると日付と資産の推移を確認することができます。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などホーム画面円建て

・ドルを選択した場合のグラフ

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などドル建て画面

ポートフォリオ画面

現時点で自分が投資している資産の内訳が表示されます。リスク設定は5とリスク度合いが高いので、米国株、日欧株の比率が高くなっています。為替レートは日々変動しますので、評価額に影響します。 

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などポートフォリオ画面

入金画面

①クイック入金 自分が設定しているインターネットバンキング(住信SBIネット銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ソニー銀行、イオン銀行、じぶん銀行)等から手数料無料で追加入金することができます。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などクイック入金

②振込入金 ①のインターネットバンキングは設定していないという人は、ウェルスナビの口座に直接振込することが出来ます。銀行のATMから指定の口座に振込することが可能となっています。※手数料はかかります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など銀行振込口座番号

追加入金したお金は翌日にはETFが購入されて、ポートフォリオの資産に反映されます。

出金画面

投資したお金を引き出したい時は、出金することができます。希望額を入力して確認ボタンを押すだけで簡単に指定した銀行口座に出金することができます。分散しているポートフォリオから一定の率資産が減ることになります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など出金手続き画面

平日20時までに出金依頼→その日の夜間にETFを売却→3営業日後に指定の口座へ振込されるという流れになります。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ナビゲーション画面

現在の資産額から将来の予測がグラフで表示されます。

※このグラフは現時点の資産15万円 毎月5万円積立、運用期間10年、リスク許容度5の場合の想定グラフとなります。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリスク許容度設定

「詳細設定」を選択すると目標金額、追加投資額、毎月の積立額、運用期間、リスク許容度を設定することができます。設定を変更するとグラフの画面も変化します。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など詳細設定

積立画面

現在設定している積立を確認することができます。積立金額を変更したい場合は「積立内容を変更する」を選択し、積立方法、積立金額を設定します。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など積立設定

26日引落の金額を変更設定したい場合は、当月の15日までに変更の設定をしておく必要があります。間に合わない場合は、自分で直接入金するか、翌月まで待つかになります。

取引履歴画面

これまでに取引を行った履歴を確認できます。積立入金額、購入額、手数料、分配金等

手数料については、前月の資産に対して、毎月1日に年率1%の手数料が引かれます。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など積立、手数料

・分配金については、特定口座で源泉徴収を選択している場合は、税引後受取額(国内源泉税額)が記載されています。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など分配金

・リバランスについては、自分の設定しているリスク度合いに応じたポートフォリオに近づける為に定期的に一部を売却し、適切なポートフォリオになるように資産購入を自動的にしてくれています。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などリバランス履歴

これらのように必要な画面はとてもシンプルです。基本的にはホーム画面の資産推移だけしか見なくてすみます。たまにログインしてどれくらい増えているかチェックする程度でいいと思われます。大きなニュース等があった場合等は米国株が上下したり、ドル円が動いた場合等は資産も上下します。自動積み立てなのであまり気にする必要は有りませんが、追加でお金を振込する時等は、円高の時に入金した方が、ドル建ての資産を少し多めに買うことが出来ます。

出金する際も円安の時に出金した方が少しお得になります。資産は安定しているとはいえ、1ヶ月の間で1%動かない月があれば、大きく10%程度動く時もあります。小さい資金(10万円)程度であれば、数千円ですが、100万円以上1000万円などで運用している時に10%上下に動くと数十万円の利益や損失となる場合もありますので注意も必要です。

運用開始から現在までの資産推移

最大下落率は 2018年12月25日に -12.22%の下落がありました。その後は株価が上昇したので、比率も持ち直しました。

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など運用実績3年

長い目で見ると元に戻ってますが、短い期間で見ると資産は毎日推移します。

このグラフはウェルスナビ開始当初から運用していて、下落している所では、出金した為大きく資産が下落しています。※損失になったというわけではありません。

銀行にお金を預けても金利は有りませんし、通帳はグラフで見ることは出来ません。銀行の使わないお金を入れておく、必要になったら使う程度に考えていたほうが気楽に運用できると思います。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ口座開設方法

ウェルスナビのサイトにアクセス

申込みに必要なもの:本人確認書類、マイナンバー、銀行口座 が必要となります。

①運用プランをチェック (後で設定可能)

②口座開設申込む を選択

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など口座開設

→メールアドレス登録

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などメールアドレス設定

→認証コード、パスワード入力→個人情報入力→本人確認書類アップロード

③書類の受取→入金→運用開始

ウェルスナビ よくある質問 FAQ

ウェルスナビのよくある質問 疑問等について

【質問】【回答】
発注方法 買付方法はウェルスナビが投資家から日本時間20時までに受け付けた注文を合計し、一括で市場に発注
為替レートは協定世界時(UTC)16時の為替レートを基準にウェルスナビが定めるレートにて計算
自動積立の一時停止はできるのログイン後→積立メニュー→積立内容を変更する
→自動積立の設定を解除 で停止が可能
自動積立の再開はどうするのログイン後→積立→積立を申し込む→コースを選択→金額を入力
→引落する銀行口座を入力して登録 で再開が可能
最低投資額はWealthNavi for ネオモバ 1万円
WealthNavi for ANA 30万円
他提携社 10万円
まとめて入金は可能か入金した資金は自動的に全額ETF購入に回ります。
100万円入金して50万円だけ運用したいというような運用はできません。
ETFとはExchange Tranded Fund 上場投資信託 一般的な投資信託より低コストの物が多く、長期運用に適した金融商品
提携会社を変更できるのサービスによりキャンペーンが異なります。一人が利用できるサービスは1つまで。原則としてサービスの移管は不可
未成年の申込みは未成年は申込みできません。
運用をやめたい場合口座から全額出金することで、自動運用をやめることが可能
資金が0円になっても手数料はなく、口座が無効になることはありません、運用再開したタイミングで再度入金すれば再開可能
分配金はいつもらえるの毎月分配:AGG,TIP
3ヶ月毎分配(3月、6月、9月、12月):VTI,VWO,VEA,IYR
GLD:分配金なし
スマホアプリはあるのiPhone,Android共にアプリストアからダウンロード可能
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビ会社情報

社名ウェルスナビ株式会社
金融商品取引業者関東財務局長 第2884号
設立2015年4月28日
資本金78億4366万円 ※2019年11月
住所東京都渋谷区渋谷2-17-5 
役員代表取締役 柴山 和久
取締役 井上 正樹
社外取締役 天野 雄介
会計監査あずさ監査法人
法律顧問アンダーソン毛利友常法律事務所
稲葉総合法律事務所
資本提携先三井住友SMBCベンチャーキャピタル
MIZUHO
三菱UFJキャピタル株式会社
DBJキャピタル株式会社

ウェルスナビ提携社増加中

ウェルスナビはSBI証券との提携から始まり、大手の銀行等と続々新サービスの提供が始まっています。まだまだこれから拡大していくと思われます。

2017年1月WealthNavi for SBI証券 開始
2017年12月 WealthNavi for 住信SBIネット銀行 開始
2017年9月 WealthNavi for ANA 開始
2017年12月 WealthNavi for ソニー銀行 開始
2018年3月 WealthNavi for イオン銀行 開始
2018年4月 WealthNavi for 横浜銀行 開始
2018年5月 WealthNavi for JAL 開始
2018年11月 WealthNavi for TOKYU POINT 開始
2019年1月 WealthNavi for じぶん銀行 開始
2019年4月 WealthNavi for ネオモバ 開始
2019年8月 WealthNavi for 東京海上日動 開始

提携先によってキャンペーンが異なります。

充実したコラム、セミナーの開催 お金投資の勉強

ウェルスナビでは、投資の初心者でも分かりやすくいろいろなコラムが充実しています。

  • ライフプランって何ですか? 老後資金を見えるかして備えよう
  • 世界の富裕層はどんな分散投資をしている?
  • 短期売買は長期投資に勝てた?
  • リスク許容度はいつかえればいい?
  • リターンよりリスクから考えることが大切な理由
  • 自動積み立てのメリットは?
  • 最適ポートフォリオって何ですか?

等40以上の投資に関するコラム記事が並んでいます。投資をしなくても勉強を始めるにはいい内容ばかりです。分散投資、長期投資、積立、金融経済等気になることや分からないことを見ることで、勉強になります。ウェルスナビの積立投資だけでなく他の商品にも興味が湧いてくるような気がします。

セミナーの開催

毎日のように日本全国でセミナーを開催しています。「これから始めたい人」「ご利用中の方向け」とプログラムがあります。資産運用の必要性や方法について、ウェルスナビのサービスで何ができるのか等について約1時間30分のセミナーに無料で参加することができます。

開催場所は渋谷、大阪、名古屋、博多、静岡、小倉、岡山、広島、京都 等があります。

ウェルスナビ(WealthNavi)まとめ

ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績などロボアドバイザーNO,1
WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビとは 特徴まとめ

  • 預かり資産 サービス開始3年で資産1600億円に成長
  • 運用者数 15万人が運用
  • ロボアドバイザー 預かり資産NO,1
  • グッドデザイン賞受賞 スマートフォンアプリ
  • セキュリティ向上 2段階ログイン、マネーフォワード等の連携
  • 満足度73% ウェルスナビ利用者の73%もの人がサービスに満足
ウェルスナビWealthNaviロボアドバイザーで長期自動積立投資おすすめ手数料実績など預かり資産1600億円利用者15万人

ウェルスナビ利用者の特徴

  • 利用者の年代 20代:14% 30代:34% 40代:31% 50代:15%
  • 平均運用額:122万円
  • 自動積立設定率 3人に2人が自動積立を利用
  • 平均積立額:3万4000円
  • リスク許容度:リスク許容度5 49% リスク4:28% リスク3:14% リスク2:5% リスク1:4%
  • 利用期間 1年以上続けている方81%
  • 利用予定年数 20年以上:38% 10年以上:30% 継続しようと考えている

ウェルスナビ利用者の感想、評価

  • 手間がかからず、気持ちに余裕ができた
  • 知識がなくても世界水準の資産運用ができる
  • 少額から始められるので敷居が低い
  • 富裕層も利用するアルゴリズムで資産運用できる
  • アプリが簡潔でわかりやすい

最近テレビでもCMが始まったり、注目されつつあるロボアドバイザー 面倒な国際分散投資が気軽に出来、自動積立で、リバランスも無料でやってくれる。便利で簡単なロボアドバイザーは忙しいサラリーマンや主婦にはピッタリです。ウェルスナビは今後もどんどん成長していくことだと思います。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)